ISD個性心理学って何?

人の個性を研究してきた統計学でもあり、分類学


人間が持つ個性と言われる性格や考え方の探求であり、
人それぞれが持つ「モノの捕らえ方」の焦点の違いを認め合い、理解する学問です。

社会生活の上で、必要不可欠な「人と接する」ということを大きく捕らえ、
それに伴う人間関係のストレスや摩擦を軽減させる効果があります。

生年月日を定義(アルゴリズム)で分類することで、それぞれの個性を把握することができます。
本来の分類は、大きく分けて3分類。
さらに12分類、60分類とグループ分けされ、さらにレールと、
人の個性を細分化し、最終的には100万通り以上の分類となります。


協会の理念

「自分と未来を創造できるヒトを育てる」
~自分と相手の違いを認め受け入れるに人間関係作り~

Institute of Self Discovery



①自分を知る(自分らしく生きる、自己プロデュース)

自分らしくをテーマに、自分自身の個性や生き方に気付きを与えます。
自分のバイオリズムがわかる。
個性や能力、得意を知る。


②相手を知る(コミュニケーション能力がつき、人間関係ストレス60~80%減!)

相手の個性や特性を知り、人間関係を読み解く力を身に付け、人としての器が大きくなります。
人間関係をデザインする。
個性分析、能力分析、人間関係分析など。


③未来を創造する(自分のバイオリズムを知り、自分で運をつかめます。)

なりたい自分、夢に向かって未来をデザインしていきます。


3分類
MOON.PNG
MOON. PNGMOON(35%)
・競争やケンカはしたくない・安全性や本物、原理が大切・人柄や品質を重視・信用を築く行動・ムダが多い
EARTH.PNG
EARTH.PNGEARTH(40%)
・競争して勝利したい・時、タイミングが大切・コストパフォーマンスを重視・体をフルに使った行動・ムリをする
SUN.PNG
SUN.PNGSUN(25%)
・何でもトライしていきたい・感性や可能性が大切・規模やステータス性を重視・今しかない、今すぐの行動・ムラがある





この統計と分類によるデータを、どなたでもすぐに活用できるように体系化したのが、ISD個性心理学です。


人を数字化できる生年月日を元に、10万人以上の分析・検証を繰り返し8640万通りのデータベースを作成。
学問である統計学生年月日を体系化したもので、個々に向けた発信を可能にしたのです。

なので、占いとは違い、当たるとか当たらないというよりも・・・

○年〇月○日生まれの人は、
統計的に○○のような個性が持つ人が多い。
○○のような考え方をする人が多い。
ということなのです。


長年に渡る画期的な分析・検証は、今や企業や教育現場など多岐に渡って活用されています。

1,036,800通りの個性が分かる!


ISD個性心理学メニューはこちら